いつも自分より「人の喜ぶこと」を優先しちゃう優しい人へ

いつも自分より「人の喜ぶこと」を優先しちゃう優しい人へ

「自分のやりたいことをする」は自己中心的?

 

何かをする時に

「見返りを求めない」
ということはラクに生きる人生の秘訣だと思っている
 
そして、そのためには常に「自分のやりたいこと」にフォーカスして行動を決める
 
これって自己中心的なのでしょうか???
 
以前は私も「なんて自己中心的な…」と思っていたこの考え
でも、今では
自分のやりたいことをすることは、見返りを求めないことにつながり
自己中心的でも何でもなく幸せな人生の秘訣だと、思えるようになりました
 
 
 

なぜ「人の喜ぶこと」より「自分のやりたいこと」が人生に大事か 

 
 
私は小さい頃から人の喜ぶことをしなさいという教育方針で育ってきました
 
だからたとえ自分が嫌だなって思うことがあっても
「相手が喜ぶなら…」と思ってやってきました
 
でも気づいたんだけど
何を喜ぶのか
何が嬉しいのか
なーんてそれぞれ違う
 
なので私がやっていた行為は本当に喜んでもらえていたかはわからない… ショボーン
 
 
そして「喜んでもらえること」を目的に行動すると
喜んでもらえなかった時に
一人で落胆するし
 
さらに言うと
「こんなに頑張ったのになんで喜んでくれないの」と
相手に「喜ぶこと」という見返りを強要することにもなる
 
相手からすれば
「いやいや、お願いしてないし!!」と
なるかもしれないよね
 
こうなったら
相手に喜んでもらって幸せになろう!と思ってやったことで
なぜかお互い不幸せに… ショボーン
 
 
 

自分がすることに見返りを求めない 

 
 
「人に喜んでもらいたい」という考え方は素敵だけど
その行為を喜ぶかどうかは
自分ではなく相手の問題だよね
 
そこに「見返りを求めない」ことが大事
 
見返りを求めないようにするには
極論すべての行動は
「自分のやりたいこと」をすればいい
 
人のためにやるのではなく
自分がやって
嬉しいのか
楽しいのか
幸せなのか
本当にこれをやりたいのか
だけに常にフォーカスしていく行動が
結局は自分も人も幸せにする
 
そしたら自分のやった行動で
人が喜んでくれなくても
自分はやりたいことできて、幸せだから「ま、いっか!」って思えるよね
 
めちゃ自己中心的とか言われるかもしれないけど
私はこの考えの方が、結局お互いに幸せになれてる
 
だからね
いつも自分のやりたいことより「人に喜んでもらおう」と頑張っている人は
もう十分すぎるほど頑張ってきたはずだから
一回、それ、やめてもいいと思うよ、お疲れさま
 
 
 
2+



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です