男性の「問題解決脳」と女性の「共感脳」のすれ違いを埋める方法

男性の「問題解決脳」と女性の「共感脳」のすれ違いを埋める方法

話を聞く態度として
女性は共感、男性は解決って聞いたことがありますか?
 
女性は話を聞いてくれて共感されるだけでいい
男性は話を聞いたら解決策を考えたくなる
ってやつです
 
これでギクシャクした経験がある人も
いるのではないでしょうか
 
その解決策について考えてみました
 
 
 
 
 

恋愛こじらせ男性が彼女の問題解決に必死だった話

 
この女性は共感、男性は解決の考え方の違いは
仕事ではバリバリ結果を出していても恋愛はこじらせている男性たちが
彼女にしたエピソードを思い出すとうなづけます
 
オーディションに落ちたモデルの彼女に対して
「オーディションは企業が求めるよう演じれば良いんだから
受かるためにはマーケティングすれば良いんだよ」
凹んでいたであろう彼女にマーケティング不足を指摘
 
仕事で悩む彼女に対して
4象限マトリクスやベン図を書いて
「〇〇はどの方向にいきたいわけ???」
凹んでいたのに更に問題を深ぼってみる
 
どうしても男性は問題を解決したくなるのです
 
 
 

 
 
 
かくゆう私も同じような経験があります
 
自分の無力さに超絶凹んでる時に言われた言葉
 
「その課題を解決できなくて悩んでいる人ってどのくらいいるの?」
「それに悩んでいる人は今どんな状況だと思う?そしてどこにいると思う?」
「社会を変えたいと思う前に、社会を変えて欲しいと思う人が本当にいるかどうかを考えてみないとね」
 
て…的確…な…アドバイス……ありがとう…ご…ございます……
感情的に凹んでいるので何ひとつ答えられず…
 
その心を察知して
問い詰めた態度を謝られたのですが
 
実は私はこの時、話を共感してもらえなかったことは特にショックではなく
自分の悩みに真剣に答えてくれたことがむしろ嬉しかった
 
自分の脳がきっと
共感が欲しかったのではなくて
問題解決をしたかったのだと思う…男性化www
 
しかしながら
それをうまく伝えられず
色々考えてくれた相手に結果的にごめんと思わせてしまったことは反省しました
 
 
 

問題解決脳と共感脳のすれ違いを埋める方法

 
この男性と女性の求めるモノの違いを埋めるのはなかなか難しいので
 
解決策としては
女性が話を始める前にどちらを望んでいるのか伝えること
もしくは
男性から相手がどちらの態度を求めているのか聞くこと
 
共感だけがほしい時は
「この話は聞いてもらえるだけで大丈夫」
 
問題解決したい時は
「この話の解決方法を一緒に考えて」
 
と伝えたら、お互い幸せになれるんじゃないかと思う
 
愛情で問題解決策を話したら「そんなの求めてない」と言われてしまう男性の悲しみ
問題解決なんて求めてないのに、痛いトコえぐられて更に凹む…という女性の悲しみ
そんな一言で解決できるのではと思うのです
 
せっかくの大事な人の役に立ちたいという愛情が裏目に出るなんて…悲しいもん
 
 
 
 
 
 
 
誰もが心にもっている「誰かの役に立ちたい」という思い
それが大事な人なら尚更だよね
 
大事な人が幸せになって欲しい
大事な人の笑顔が見たい
 
そんな愛情から
問題解決するにはどうしたら良いか?
ってことを考えてくれる男性は根本的にはめちゃ優しい
 
そう思ったら
前述の恋愛こじらせ男性たちの問題解決行動が
愛情深くて微笑ましく感じた
 
そんな見方をすると
世の男性たちの態度一つひとつが
愛情にあふれていることに気づけ
とっても愛おしく見えませんか?
 
世の中の
問題解決能力に優れた恋愛こじらせ男性も
大好きな男性からの共感が欲しい女性も
みんなに幸あれ!
 
 
0



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です