過去に後悔しちゃう人へ:人生の「谷」は本当に谷なのか

過去に後悔しちゃう人へ:人生の「谷」は本当に谷なのか

人は全ての出逢いと経験からできている

 
過去の恋愛のほろ苦い思い出に、あの時こうしていればと思うことありますか?
大好きな人の過去の恋人にモヤモヤと嫉妬しちゃうことってありますか?
 
自分の過去を振り返ると、どんな恋愛にも意味があったし、その人がいたから今の私がいるって思う。
同じように好きになった人にも、過去には私より大好きだった女性がいるかもしれない。
でも、その人がいたから、今の大好きな彼がいると思うのです。
 
 
 
 
 
恋愛って自分のことや自分の考え
つまり「自分の取扱説明書」
どれだけわかりやすく、どれだけ飾らずに伝えられるかという
最高のコミュニケーション訓練だと思っている。
 
だから恋愛は「自分の取扱説明書」を作るべく
結局は自分と向き合う訓練なわけで
自分の成長に大きく関与したことは間違いない。
 
けれどこれって、恋愛だけでなく全ての人との出逢いに共通する。
もっと言うと、今まで起きた全てのコトに通じる。
 
今までの人生の一つひとつの出来事が今の私を作りあげている。
どれか一つ欠けても今の自分にはなり得なかった
 

あなたの人生は「山あり谷あり」?

 

自分の今までの人生をグラフに書くと山あり谷ありなのは事実。
でも本当はすべての出来事は山も谷も表裏一体。 

 

もう人生最悪の出来事だーーー!!!!!

 

と思うようなことは
渦中にいる時は本当に辛いだけしかないんだけど、俯瞰してみると良い面をいくつも捉えられる。

 
昔の辛いこともあったいろいろな恋愛の話を
「でも、楽しいこともあったんでしょ、良いじゃんそれで」
と恋多かった彼に言われた時は妙に納得した。
 
ちょっと辛かった仕事のできごとを
「そんなこともあるよー」
「頑張って偉いねー」
となんでも前向きに後押ししてくれた彼だった。
 
今の私の全てのコトを前向きに捉えようとする心持ちは
この彼との楽しかった生活の中でもらったものと
この彼との最高に辛かった別れを乗り越える中で身についたものだと思う。
 
離婚は自分の人生の最大級の深い深い谷だったわけなんだけど
この経験を通して、本当に何でも前向きに捉えられるようになったし
新しい出逢いを多く生み出したし
新しい世界に踏み出すきっかけをくれた経験だった。
 
だから今はむしろ感謝しかない
 

 
 

人生から「谷」をなくす方法 

 

人生は山あり谷ありに感じるかもしれないけど、本当は表裏一体。
100%悪いこと、100%良いことなんてあり得ない。
 
谷の部分は結局自分で「谷」ジャッジしているだけのこと。
「谷」のできごとの中にも絶対に良い面がある。
良い面を見ていくように心がけることで、人生から谷がなくなる。
…むしろ山ばかりになるのかもしれない。
 
少なくとも私はそんな心持ちで、
 
 と
平地 と
ちょっとした盆地w を
 
歩いていくよ。
 
一緒にどう?
 
 
0



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です