デートと機会費用

デートと機会費用

2017年最大の疑問が解けた話

 

ずっと心に引っかかっていたことがあります。

 

忙しい男性をデートに誘う時に

 

「自分はこの男性の時給を払えるくらいの
価値をデートの時間で与えられるのだろうか?」

 

と言う疑問。

・・・めっちゃ左脳ですw

みなさんは忙しい男性を誘う時、そんなこと思いませんか?

 

今年に入ってから私の心に常にあった、解けない難題でした。
が、先日、さっくり解決したので、その話をします。

え?そんなこと気にするの私だけ???

悩ましい背中・・・

 

デート時間の機会費用って?

 

デートをするにはそれぞれの時間を差し出します。

 

忙しい人は時給が高い人なので
目に見える食事代などの費用の他に
時給×デートの時間」を使っているということ。
あるいは
ビジネスパートナーと会っていたら
得られたであろう機会費用もあると思うのです。

 

機会費用と同等の価値を、私と過ごす時間で与えられているのか?

 

自分に自信がなさすぎて
この湧いた疑問を今まで取り払うことができませんでした。

自信なさすぎ問題が、もっとも根底にあるのだけどね、それはまた置いといてw
この機会費用問題は、実は自信さえあれば解決する問題w

 

それを先日、ハイスペ男性のお二人にぶつけてみました。

Bob
人に会う時に、貴重な時間を使っていると思って、何かを与えられるようにと思って、会っていると言っていたのですが、それはデートの時もそう思いますか?
私は相手の時給を考えたり、機会費用を考えると、デートになかなか誘えないんです。

久保さん
考えすぎかなぁ。単純に楽しめばいいのでは。
僕は相手に楽しんでもらおうとは思いますが、何かを学んで帰ってもらおうとまでは思いません。

Bob
忙しい男性をデートに誘う時に、この人の機会費用を払えるだけの価値を与えられているのだろうか、といつも考えて、誘えないんですけど

梅木さん
考えすぎだね。もっと気楽に誘えばいいと思うよー。
左脳系のお仕事ですか??

Bob
!!!

私が忙しい男性をデートに誘う時に
2017年最大の難関として
それはそれは大きな壁として立ちはかだっていた壁は
2人のハイスペ男性の言葉であっさり壊れてくれました(爆)
感謝!

 

結果的には単なる私の
「考えすぎ」
でした。

 

今まで、女性の友達に同じ質問をぶつけてみるとみんなに
「考えすぎだよ、めっちゃウケるw」
「デートいけるだけで男性は嬉しいよー」
と言われてました。
でも、いや、女性の意見だしなーと思ってなかなか破れず。
失礼極まりなし、すんません。

 

仲のいい先輩経営者(男性)には、
『「あなたの時給いくらですか?機会費用を払うんでご飯行きましょう
 て誘えばええねん。
機会費用とかゆー単語が医者から出た時点で、惚れるわ』
て言われました。
え、そんな色気ない誘い文句あり!?と思って使えずw
これまた聞いといて、すんません。

 

でも遂に、めでたくハイスペ男性2人に答えていただいたことでスッキリしました。

 


人と会う時間は消費?投機?投資?

 


そもそもなんでこんな考えにになったかというと

時間は命と考えて、私は毎日真剣に、自分の時間の使い方を考えています。

 

だからこそ自分の時間と同等に、人の時間も大切にしたい。

 

人の大事な時間を使って会うからこそ、何か人の役にたちたい
提供できる価値、例えば、新しい情報、私なりの考え方、何かに対する熱量など
何でもいいと思うんだけど
「Bobと時間を過ごしてよかったー!」
って思える価値を何かしらプレゼントしたい、といつも思っています。

 

逆の立場から考えると、
私の根底にも、デートで何か学びを得たいという思いがあるのかもしれない。

 

デートなんだから学びなんて置いておいて
美味しいご飯食べて、笑顔がいっぱいの楽しい時間を一緒に過ごせれば
十分すぎるくらい幸せ
それが立派なお互いへのプレゼントになるのにね。

 

ただ単に一緒にいて、楽しい時間を過ごせるだけで本当は嬉しい。
これが純粋に「デートを楽しむ」ことだと思う。
学んで帰ろうという下心あってごめんなさい。
・・・下心ではなく、向上心と言ってw

 

 

そもそも、もっと話を聞いてみたいと
わくわくするような人に出逢えたこと自体が素敵すぎること。

 

そして勝手に機会費用を考えて誘わない方が
そこから繋がる楽しい人生を失うという機会損失が大きい
と気がつきました。

 

結局最後は左脳思考で納得。

 

感情より思考が大きく
納得しないと動けないタイプなので
ふーすっきりしました!!!


今後は、機会費用よりも機会損失を考えてw、
会いたい人は自分から誘えばいい、そう決意しました。

 

疑問に快く答えてくれた2人の超ハイスペ男性
初代バチェラーの久保さん、元東カレWEBの梅木さんのお二人に感謝いたしますwww


まだまだ感情より思考で恋愛している感じは否めませんが、少し先に進めそうですw

 

1+



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です